クロエカーダシアンが離婚成立!ここまで時間がかかった理由は?!

-スポンサードリンク-

%e3%82%af%e3%83%ad%e3%82%a8%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%82%99%e3%82%b7%e3%82%a2%e3%83%b3%e9%9b%a2%e5%a9%9a%e6%88%90%e7%ab%8b

女優やモデルなどテレビで活躍している
クロエカーダシアンさんが、夫であったプロバスケット選手の
ラマーオドムさんとの離婚が成立したことが発表されました。

二人は2009年に結婚し
出会って1ヶ月でスピード結婚として世間を騒がしていました。

しかし、幸せな時間もつかの間、2013年に離婚をすると発表しています。
通常、日本では離婚を決めてから実際に離婚までかかる期間が
半年から1年というところから、なぜ3年もかかったのか解説していきます。

クロエカーダシアンが離婚成立までに3年もかかった理由

Casually waiting for @justinemarjan and @joycebonelli to stop being so perfect

Khloéさん(@khloekardashian)が投稿した写真 –


紙1枚で出来るはずの離婚がスムーズにいかない原因の多くは
どちらか一方が離婚届にサインをしない。ということがあります。

クロエカーダシアンさん夫妻も例外ではなく、
夫であるラマーオドムさんがサインを拒んでいたということがあるようです。

またサインをする条件にラマー・オドムさんが婚約する時に
クロエカーダシアンさんに送った婚約指輪を返還するように求めていると
いう事もニュースになっていました。

ちなみにその指輪は、当時の価格で約9000万円もしたというから驚きです!

この指輪返還に加えて、慰謝料(や口止め料)として10億円を払うように
クロエカーダシアンさんに交渉しており、それが支払われない限り
離婚届に一切のサインをしないといっていたので、その辺も
2人の離婚を長引かせていた原因となっていたと考えられます。

そもそも離婚する理由はなんだったのか?

本当の離婚する原因というのは当事者2人にしかわからないことですが
主な原因として、夫であるラマー・オドムさんの不倫や
薬物乱用による事件で、クロエカーダシアンさんが愛想を尽かしたというのが
ワイドショーや世間で言われています。

特に薬物乱用は、家庭への影響も大きいと思いますし
事件になるたびに更生施設へ通っていたようですが
その努力も虚しく、たびたび薬物事件を起こしていました。

バスケットで輝かしいプレーをしていたラマー・オドムさんを見ていた
クロエカーダシアンさんからすると薬物に溺れた彼の姿を見続けるのは
辛かっただろうと思います。

そしてついに、離婚を発表したのが2013年ですが、
その前の8月には、ラマー・オドムさんは、飲酒運転で逮捕されています。

いい加減にしろ!という気持ちから
離婚に至ったのだなというのがわかりますね。
日本では当然、飲酒運転は重罪ですが、アメリカでも状況はさほど変わりません。
大きな人身事故にならなかっただけでも、よかったところです。

一方で、クロエカーダシアンさんにも不倫の疑いがあった

このように、ラマー・オドムさんの事件を取り上げてきましたが
クロエカーダシアンさんに一切のスキャンダルがなかったわけではありません。

彼女も、ラッパーであるゲームさんと不倫疑惑がありましたが
ただ彼女は否定をしていて彼とは友達で一緒に遊んでいただけと
メディアに対して説明しています。

type shit !!!

The Gameさん(@handsomeassnigga)が投稿した写真 –

ちょっと雰囲気がラマー・オドムさんと似ていることから
もしかすると、まだ彼に気があったのかもしれませんね。

クロエカーダシアンに子供は?

離婚問題で気になるのは子供の親権問題です。
クロエカーダシアンさんは残念ながら、子供をもうけていませんでした。

自身のリアリティーショーで自ら不妊治療のドキュメンタリー企画をしていて
いたのですが、結局子供をもつことは出来ませんでした。

この事でラマー・オドムさんが薬に走ったとは考えにくいですが
徐々に二人のなかで確執がでてきたことは想像出来ます。

まとめ

スピード結婚で世の中の女性に希望をもたせた
クロエカーダシアンさんでしたが、2016年10月23日に離婚が成立しました。

世間では、復縁を強く望んでいましたが
(実際、復縁した!というニュースもたびたび報道されていました)
2人で決めたことですので、これからの2人の生きる道を
ファンとして暖かく見守っていきましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク