ララランド主演女優エマ・ストーンの私服からファッション大研究!

-スポンサードリンク-

スパイダーマンで一躍有名になり
2017年の映画『ラ・ラ・ランド』でも一層の
活躍を見せる女優でモデルのエマ・ストーン!

そんなエマ・ストーンの私服を大研究してみました。
普段の私服から、今は破局してしまった
アンドリュー・ガーフィールドとのデート写真など
を見ながら、実際にコーディネートをどのように
していけば、エマ風オシャレコーデが出来るのかを
まとめてみました。

そして記事後半ではララランドを見た感想も
書いているので、見た人はぜひチェックしてみてくださいね!

エマ・ストーンはスキニーデニムを上手に着回す

エマ・ストーンのファッションを見ていて思うことは
デニムをとにかく上手に着こなしているなぁということ。

特にスキニーデニムの使い方は私達の普段のファッションにも
使えるので、ぜひエマ・ストーン流デニムコーデをマスターしましょう!

スキニーデニムの定番コーデ

まずはこの写真から、デニム&デニムのコーディネート!
あなたも経験があると思うんですが
普通にデニムとデニムをあわせるのって難しくないですか?

お笑い芸人のスギちゃんみたいになって、
鏡の前で苦笑いをしてしまう経験ってあると思います。

エマ・ストーンはこのスギちゃん問題
どう解決しているかというと、
ボトムスには、色の濃いものを合わせているという点。

色の濃いスキニーデニムをあわせることで
ボトムスはスタイルを整える名脇役を演じてくれます。

だからこそ、トップスには
色の明るいデニムジャケットを合わせても違和感がなく
なっているわけです。

さらに、エマ・ストーンのコーデとして
ヒールやスニーカーを合わせるわけではなく
サンダルをチョイスしているのもポイント高!

お手本コーデになるので、試し見てみてくださいね。

エマ・ストーンの冬コーデもデニムはマストアイテム

2017年のトレンドは去年からの流れで
ワイド&ビックシルエットということで
ロングコートが定番化してきています。

ここでも、デニムは使いやすいアイテムとして
活用できているので、取り入れちゃいましょう!

この写真では、インナーをデニムとシンプルな黒で
まとめた上でブラウンのコートで合わせています。

首周りにボリュームがあることで小顔効果も
得ることができるのもポイントです!

さらに、少し大きめのバッグでアクセントを
もたせているので、ちょっとしたお出かけの時に
やってみたいコーディネート!

カフェに入って、コートを脱いだ姿もエレガントですよ!

先程、首周りに襟があると小顔効果といいましたけど
このような襟のないタイプのコートを着ていたとしても
タートルネックで首周りにボリュームをもたすことで
同じ効果を得ることが出来ます。

また、この写真のエマ・ストーンは
スキニーデニムではなく、少しゆったりめの
デニムを履いていますよね?

そうなると、少し子供っぽさが出てしまうのですが
そこは、足元で上手くカバーしています。

艶のあるレザーシューズを合わせて
全体として大人っぽい印象を与えることが出来ています。

最後は、少し上級コーディネート!
黒コートに、デニムを合わせています。
これに、インナーを通常のニットにすると
どこにでもいる普通の人になってしまうので
他の人と差別化をするために、柄の入った
ボーダーを着ていますね!

赤いワンポイントも入っていることで
地味な印象が一気になくなりオシャレだなと
思われます。

エマ・ストーンはあまり、アクセサリーなどを
付けない方なのでこのように、
服のデザインで着飾っているわけです。

また、首周りが寂しいので
代わりに、ニットをかぶってうまく
小顔効果を演出しています。

このように、ワンポイント派手なアイテムを
取り入れることが、2017年以降のトレンドに
なっているので覚えておいてくださいね。

-スポンサーリンク-




彼とのデートスナップもファッションの勉強に最適!

エマ・ストーンといえば、彼との素敵なデート
写真もよくメディアに登場しています。

普段の私服とのギャップを意識しながら
観察すると、女性らしいデートファッションを見つけることができます。

まずはこの写真!

勘の鋭い方ならすぐにわかると思いますが
最初に紹介したデニムスタイルに
ボトムスをワイドパンツに変更したものですね!

デニムを着ると、少しマニッシュ感がでるので
デート用にアレンジを加えて着こなしています。

デニムが悪いわけでは決してないのですが
このように、ボトムスを変えるだけで印象が
変わるというところに注目してもらいたくて紹介しました。

ワンピースで足見せファッションも取り入れます。
デートで手をつなぐというシーンがあるのを考えたから
かはわかりませんが、バックパックを取り入れて
両手があくように、配慮しているところも
女性としてのエマ・ストーンが垣間見れますね。

また首周りが寂しい場合は、被り物で
カバーしているところは同じポイントとして
また紹介しておきます。

まとめ~ララランドとエマ・ストーン〜

これまで、エマ・ストーンの私服を
解説してきましたがいかがでしょうか?

大女優だけど、彼とのデートにはしっかりと
彼のことを考えたコーディネートをしているところに
すごく好感がもてるし、真似したくなりますよね?

デニムコーデについても、普段のファッションに
取り入れれるようなアイディアがたくさん出てきたと思います。

また新しい画像が出てきたときに更新していくので
ブックマーク等をしておくと便利です。

さて、先日公開されたララランドを見てきました。

I seriously love these edits and drawings!!! Tag me in more to possibly be featured

Emma Stoneさん(@emmastone.official)がシェアした投稿 –

シカゴやドリームガールズのような
ミュージカル映画になっていて、物語の途中で歌とダンスを
見ることが出来る今作。

もちろんダンスは素晴らしいものでしたが
私が注目したのは、物語の内容。

女優を目指しているミア役のエマ・ストーンが
もうエマ・ストーンの人生そのものなんじゃないかな?

と疑うくらいダブってみえていました。

エマ・ストーンも、女優になりたくて
親をパワーポイントでプレゼンして説得したり
女優のオーディションをたくさん受けては失敗して
それでも、現在は大女優へと成り上がりました。

そんなことを考えながらみたララランドは
エマ・ストーンをもっともっと好きになる素晴らしい映画
全国で公開されているので、エマ・ストーンを見るためだけに
見て損はないのでぜひ足を運んでみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク